新着情報

自宅駐車場に人工芝を採用するメリット5つ

2019/04/01コラム

twitterfacebook

 

自家用車をお持ちの方は、自宅の駐車場に関して満足されていますか。地面が土では停めている車が汚れる、コンクリートでは殺風景に見えると思われている方は、人工芝を採用してみてはいかがでしょうか。

人工芝を施工した駐車場なら、これらのデメリットがなく、メリットが多くあります。

それでは、自宅駐車場に人工芝を採用するメリットを5つご紹介します。

1.見た目が綺麗で色鮮やか!景観が整う

自宅駐車場に人工芝を採用するメリットの1つ目は、見た目が綺麗で景観が整うことです。天然芝に近い見た目に仕上げられた商品を選べば、より美しさが際立ちます。

コンクリートの駐車場は無機質で温かみに欠けて見えると言う方もいらっしゃいますが、人工芝の駐車場なら色鮮やかで温かみを感じさせ、家の景観を整えます。

また、土の駐車場には雑草が生えるので、草取りをする時間が取れないと雑然と見えます。ですが、人工芝なら雑草が生えないため、いつも手入れが行き届いてきちんとした印象の自宅駐車場になります。

景観を整える目的で天然芝を選択した場合も、雑草が問題となります。また、天然芝そのものも伸びるため、草取り・芝刈りを欠かすと見た目が悪くなり、目的が果たせなくなるのです。

人工芝は、緑以外の色も販売されています。それを生かして、色が違う人工芝を駐車場の枠として使う、色違いの人工芝を組み合わせて好みの駐車場をデザインするなどの使い方ができることもメリットです。

すでにコンクリートを敷いていても、その上に人工芝を設置することも、目地の部分にだけ人工芝を敷いて変化をつけることもできます。

2.手入れが簡単!施肥も水やりも必要なし

人工芝は人工物なので、天然芝のように肥料を与える、水やりをする、芝刈りをするなどの手間が一切かかりません。日々忙しい中でこれらの作業が必要だとかなり負担ですが、人工芝を駐車場に採用すると手入れが必要なく管理が楽です。

人工芝を施工する際には、整地をして防草シートを敷く下準備を行いますので、雑草が生えることもなく草取りの手間も省けます。

草が生えると、車に花粉や虫がつく機会が増え、草取りだけではなく洗車の回数も増えます。それから、土の駐車場なら雨の後には車がドロドロになるため、洗車が欠かせません。その点、人工芝を採用すれば、洗車の手間も減らせます。

天然芝を採用する人は、芝生を育てることや自然を楽しむことを目的とする場合が多いのですが、その分手間暇がかかるのは事実です。そのため、時間を掛けることができない人には、手入れが必要なく簡単に綺麗な状態を保てる人工芝が採用されています。

人工芝は耐久性が高いため、10年近く持つと言います。一度敷けば長期間に渡って手入れなしで綺麗な状態を保てることも、人工芝を駐車場に採用するメリットです。

3.場所や季節を選ばない!設置しやすい人工芝

人工芝の駐車場には、場所や季節を選ぶことなく設置できるメリットもあります。

天然芝を育てるには日光が必要ですが、駐車場にはまとまったスペースが必要なため天然芝を採用したくても日当たりのいい場所に設置できるとは限りませんし、屋根があれば天然芝は枯れます。あまり車に乗らないと、車の陰になる部分の芝生が育ちません。

天然芝は寒さにも弱いので、冬になったら枯れる、寒い地域では育ちにくいという問題もありますが、人工芝ならその心配もありません。

さらに、人工芝は傾斜のある土地にも、下に土が無い場所にも敷けます。

日当たりや季節、駐車場の状態に左右されることなく設置できる人工芝は、駐車場に採用しやすい素材です。

4.雨の日でも車を汚さない!乗り降りも快適

人工芝の駐車場には、雨の日でも車が汚れにくく、快適に乗り降りできるメリットもあります。

土の駐車場だと雨の日には車が泥で汚れますが、人工芝なら透水性に優れているため、車を汚すことなく保管可能です。

車に乗る人の足にも泥がつきにくく、車内の汚れも防ぎます。靴が汚れている時には、人工芝で汚れを落としてから車に乗ることもできます。人工芝の汚れは水を流すだけで綺麗になりますので、後で人工芝を掃除するのも簡単です。

車から降りる時も、人工芝の上に降りれば水たまりにはまって衣服や履物を汚すこともなく、余計な洗濯や靴洗いが不要になります。

子どもは水遊びが好きなので、小さいお子さんがいらっしゃる家では子どもが水たまりにわざと入って遊び、汚れたり濡れたりするという声も聞かれますが、それも防いでくれるので汚れや体調を崩す心配を減らすことも可能です。

雨の日だけではなく、晴れの日も風が強ければ砂ぼこりが舞って車が汚れますが、人工芝の駐車場は、砂の舞い上がりを防ぐため、愛車を綺麗に保てます。砂ぼこりは車の傷の原因でもあるので、車を傷からも守ります。

雨の日でも晴れの日でも車を綺麗に保ち、快適に使えるのが人工芝の駐車場です。

5.コンクリートと比べて費用が安い!経済面でも安心

コンクリートで駐車場を作れば、景観の問題以外は解決できます。ですが、費用面では人工芝の方が優秀です。人工芝もコンクリートも、永久に持つわけではなく定期的なメンテナンスや張り替えが必要ですが、それも含めて人工芝の方が維持費用が安く済みます。

コンクリートと比べて経済的なことも、人工芝を自宅駐車場に採用するメリットです。

人工芝を導入する時、強度が足りず芝生が傷むことを心配する方もいますが、耐久性を高めた商品も多くあるので、きちんと商品選びをして施工すれば問題ありません。それでも不安な場合、充填剤を人工芝の間に埋め込めば強度を上げることができます。

また、車が踏む部分をコンクリートで、それ以外の部分を人工芝で施工する方法もあります。そうすれば、人工芝を車が踏まないのでより綺麗に保てますし、コンクリートとの色合いの変化を利用してデザイン性を高めることもできます。他の素材と併用できることも、人工芝の良さです。

人工芝を採用すれば駐車場が綺麗で快適!手入れの手間も不要

自宅駐車場に人工芝を採用すると、色鮮やかであたたかみのある景観を維持することができます。水やりや施肥、芝刈り、草取りなどのメンテナンスが必要なく、手入れが簡単なので、導入しやすいメリットもあります。

人工芝は日光や寒さ、土地の傾斜などに関係なく敷けるので、様々な駐車場に対応でき設置場所を問わないことも魅力です。

雨の日には泥汚れが、晴れの日には砂ぼこりが車を汚すこともありますが、人工芝なら泥汚れも砂の舞い上がりも防げます。

車の乗り降りをする際にも、車内の汚れや水たまりを気にせずに済み、掃除や洗濯の手間を省きます。汚れは水洗いすれば簡単に落ちますので、人工芝を靴の汚れ落としにも使えます。

天候に左右されないコンクリートも選択肢の一つですが、景観やコストでは人工芝の方がお勧めです。車が乗っても問題ない強度の人工芝もありますが、強度が気になるならコンクリートと併用して強度やデザイン性を高めることもできます。

見た目にも綺麗で手入れが簡単な人工芝。メリットの多い人工芝を、あなたの自宅の駐車場にも採用してみてはいかがでしょうか。