新着情報

人工芝とエクステリアの組み合わせで庭をもっとおしゃれに!

2019/09/30コラム

twitterfacebook

エクステリアと人工芝

人工芝はただ庭に敷くだけでもきれいな緑を楽しむことが出来ますが、様々なエクステリアと組み合わせることでよりオシャレな空間を演出することが可能です。

上手に様々なアイテムが組み合わされたお庭を見ると「素敵だな、うちもこうしたいな」とつい思ってしまいますね。

ただ、いくら「こうしたい!」というイメージがあっても、実際にやってみたらどうなるんだろう?と、実例を見てみたい気持ちもあるかと思います。

そこで、今回は「人工芝+エクステリア」の組み合わせで、実際に施工されたお庭の写真とともに、エクステリアによってどのような魅力がプラスされるのかご紹介していきたいと思います。

人工芝+枕木の落ち着いた雰囲気のアプローチ

最初にご紹介するのは、人工芝と「枕木」を利用した玄関アプローチの施工写真です。

枕木とは、電車のレールの下に敷かれる木材のことを言います。レールを動かないように固定する役割と、レールにかかる重さを分散させる役割を持っている非常に重要なパーツと言えるでしょう。

仕事が終わった枕木をリサイクルする形でガーデニングに使われはじめ、現在ではリサイクルではなく枕木という名称で新品の木材が売られていることも多いです。

人工芝の緑と、落ち着いた色合いの枕木が美しいコントラストになっており、ナチュラル感もたっぷり。

メインへのアプローチはしっかりと枕木を敷き詰め、他2箇所へのアプローチは飛び石のようにすることでその違いを出しつつ、デザインセンスも高いものになっていますね。

正面玄関アプローチ3箇所を人工芝に施工しました

 

人工芝+ウッドデッキでコントラストが効いたお庭に

続いては、元々お家に設置されているウッドデッキと新たに敷いた人工芝の組み合わせです。

ウッドデッキのカラーがミルクチョコレートのような明るめの色になっており、人工芝のグリーンとの対比が鮮やかで美しい仕上がりになっていますね。

「複雑なデザインはちょっと苦手」「ウッドデッキの木の色を活かしたい」と考えている方は、このようなカラーでの対比、コントラストを楽しむようなお庭の作り方にしてみてはいかがでしょうか?

お庭の雑草とウッドデッキ下を除草後に人工芝を施工しました

人工芝+花壇スペースで自然と人工物が共存するお庭に

こちらの施工例では、お庭すべてを人工芝にするのではなく、一部を「花壇スペース」として土を残し、好きな草花を植えられるようにしてあります。

天然芝ではお手入れを頻繁にしなければならず、花壇のお世話も並行しなければならないため大変ですが、人工芝をメインに敷き、一部を花壇スペースとすることで人工芝部分のお手入れはほとんど必要なく、自身のガーデニングにたっぷりと時間を使うことが出来ます。

形の違う白めの石を並べることでナチュラルな雰囲気も演出し、かつカラーのコントラストも相まって爽やかな雰囲気になっています。

仮に土が人工芝の上に落ちてしまっても、ほうきではくだけで問題ないので、管理もとってもラクなんですよ。

広いお庭に人工芝スペースとお子様砂場・奥様の花壇スペースを施工しました

人工芝+コンクリートスリットで無機質感を軽減

こちらは、コンクリートスリットに人工芝を施工した写真になります。

コンクリートスリットとは「目地」のことで、いわゆるコンクリートとコンクリートの隙間のことです。

コンクリートは広い面積で打つとひび割れしやすくなってしまうため、ある程度の大きさで目地(スリット)を入れる必要があるんですね。

コンクリートスリットには砂利を敷いたり、レンガをはめ込んだりと様々な選択肢がありますが、人工芝を敷くことでぐっと緑が増え、無機質なコンクリートの雰囲気を和らげてくれます。

また、天然の植物と違いお手入れも必要最低限で問題なく、1年中緑が美しいのも魅力ですね。

この施工写真では緑一色ですが、一部をグレーなど別の色に変えたりすると、よりモダンな雰囲気になりますよ。

正面玄関・駐車場のコンクリートスリットを施工しました♪ 天然芝あり

人工芝+ガーデニング+ゴルフで理想のお庭に!

こちらの施工では、元々生えている木を活かし、かつ「ガーデニング」と「ゴルフの練習」という2つの「したい!」を叶えたお庭になっています。

左側の花壇部分がガーデニングスペースとなり、それ以外の地面を人工芝に。

お庭の真ん中には人工芝のパターマットを使用したゴルフの練習スペースが。2種類の人工芝を使うことではっきりとメリハリが出来ているのがわかります。

周りに木や砂利といった天然のアイテムも多いため、人工芝が広い面積で敷かれていても非常にナチュラルに感じられる点も魅力ですね。

家族のこだわり

人工芝+レンガで温かみのある雰囲気のお庭に

こちらの写真は、人工芝をメインにポイントとしてレンガや砂利を置いたお庭になります。

自然のアイテムを複数組み合わせることで温かみのある雰囲気のお庭になります。

このようにウッドデッキの木、レンガ、砂利なども人工芝にマッチします。

日陰にも芝生を敷きましょう♬

人工芝+タイルで歩行しやすくモダンに

こちらの施工はシンプルに、人工芝+タイルの組み合わせです。

グレーのモダンなタイルと、鮮やかな緑のコントラストが美しく、歩行しやすくなっています。

1つ目にご紹介しました人工芝+枕木のように、アプローチ部分に枕木代わりにタイルを使うだけで印象が変わり、モダンな雰囲気になります。

素敵なお庭が完成 通路のタイルも綺麗に施工しています!

人工芝+子ども用遊具で、ベランダが楽しい遊び場に大変身

最後にご紹介しますのは、エクステリア…に分類されるかは微妙ですが、子供用の遊具(すべり台)と人工芝の組み合わせです。

ご家庭ですべり台を設置するとなると家の中が多く、設置スペースがあるならば外(お庭やベランダ)になるかと思いますが、床が硬いと滑った際に足をぐねってしまわないかなど、心配な部分も出てきます。

しかし人工芝であればクッション性が高く、仮に転んでしまっても怪我がしにくいというメリットがあります。

こちらの場合はベランダに人工芝を敷いていますので、ベランダ全部が遊び場もなっています。

裸足でベランダに出ることが出来るので、晴れの日であれば外で遊ぶのも簡単。

庭のような広いスペースだけでなく、ベランダにも敷くことが出来ぐっと雰囲気を変えられるのも人工芝の魅力の一つですね。

ベランダをお子様の遊び場に変身させました。

組み合わせで様々な表情に!自分だけの組み合わせを探してみては?

今回はご紹介していませんが、モザイクタイルを使ってもっと芸術的にしてみたり、玉砂利をメインに使って和風庭園のようにしてみたり…と、人工芝とエクステリアの相性は非常によく、様々なアイデアが浮かびます。

木材でも石でもレンガでも人工芝が邪魔をすることはありませんので、ご自身の好きな素材・アイテムを思いのままに組み合わせることが出来ますよ。

また、エクステリアとの組み合わせだけでなく、カラーや葉っぱ(パイル)の長さが違う人工芝を組み合わせてオシャレな庭を作ることも可能です。

同じ人工芝でも組み合わせるもので雰囲気ががらっと変わるので、ぜひ自分だけの「これだ!」と思える組み合わせを探してみてはいかがでしょうか。

草

草

ご相談・お見積もりをご希望の方は
お気軽にご連絡ください

関西(大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀)のお客様は、
無料訪問見積もりいたします!